個人タクシーになるには

タクシーは自動車を使って人を運ぶものです。一般的には普通乗用車が使われ、タクシードライバーになるためには使用する自動車を運転できる免許と人を運ぶための二種免許が必要です。タクシードライバーになるためには、まずはタクシー会社に就職する必要があります。このタクシー会社のタクシーは法人タクシーと呼ばれます。

法人タクシーでは会社に所属し給料は基本給と歩合給となります。歩合給が大きいのでタクシー需要のある地域で、上手くお客さまを得る事ができればそれだけ収入もアップします。反対に言えば需要の少ない地域ではそれだけ収入を得られる機会が少なくなります。平均的にはタクシードライバーの年収は275万円前後で月収は20万円前後とされますが、地域によって大きく異なり、特に需要の高い地域では400万円を超えることもあります。

一方で法人タクシーに対して個人タクシーと呼ばれるものがあります。法人タクシーは会社が複数のタクシーを運行するものですが、個人タクシーでは1人1車制個人タクシー事業と呼ばれるもので個人事業主としてタクシーを行うものです。メリットとしては法人タクシーとは異なって歩合給ではなく全てがドライバーの稼ぎとなります。また乗車時間や勤務シフトも自由に選べるというものです。

このため稼ぎも多くなりますが、同時に他のタクシーとは異なって選んでもらえる努力も必要ですし、車体を維持する必要性、また税金の管理なども自身で行う必要があります。また会社に所属するのと異なって病気になるなど何らかの理由で長期的に働けなくなると収入がゼロになるリスクがあります。ただ、やはり収入面では法人タクシーよりも個人タクシーの方が多いので収入面のメリットは大きいといえます。

個人タクシーになるためには厳しい条件をクリアする必要があります。第一の条件は同一の法人タクシーに10年以上運転者として雇用されていることで、また申請日以前より10年間無事故無違反であることです。これらの条件をクリアすれば、営業区域ごとの地方運輸局で行われます。試験そのものは法令と地理で、試験対策は個人でも行えますし、また勉強会を開催している協会もあります。なお、試験そのものは条件をクリアしていれば受けることができますが、いざタクシーを運行するためには車両や運転資金の調達が必要になります。

またいつでもなれるわけではなく、営業権には枠があり、その枠内が増えた場合にしか新規で開業することができません。またすでに開業しているタクシードライバーから営業権を譲渡してもらうといった方法で営業権を手に入れる必要があります。

タクシーチケットを個人で利用することはできますか?

タクシーチケットは個人で使うことができます。
自分は1年前くらいに実際に使ったことがあり、その時が初めてでした。最初は使えないのかと思ったのですが、タクシーの運転手に僕はこのタクシーチケットが使えるか聞いてみたところ、運転手からこのチケット使えるよと言われ、その時に初めて使いました。

今までずっと使えないから取っておいてたのですが、お金が足りなくなったので運転手さんに交渉しました。そしたらタクシーチケットが使えるってことを知り使いました。
そんな簡単に使えるならもっと早くに使いたかったです。
またタクシーを利用した時にタクシーチケットが使えるとも記載がなかったので僕は知りませんでした。

個人的な意見を述べるのならば、タクシーチケットが使えることをもっと早く知りたかったため、チケットが使えることをタクシーのお客様が見える位置に張り紙をして欲しいです。
また、タクシーに乗ってるお客様にチケットを持ってるかの有無確認もして欲しいと思いました。
なぜかと言うと、チケットを僕みたいに実際に持ってる人もいるからです。なので確認して欲しいと思いました。

次にチケットの有無確認をしたり、張り紙しない理由ってお客様が逃げられたり、偽物だと困るから張り紙したりチケットの有無確認をしないのかなと思いました。
でも良心的な心だっているのだから、きちんと確認して欲しいです。もしくはチケットを電子チケットにして、全てコンピュータで管理するのも良いかと思います。
どちらにしてもチケットの有無確認はして欲しいです。

後、チケットは全国で使えてとても便利だと思います。その理由は、地方限定とかこの県では使えて隣の県では使えなくなるとややこしくなるからです。
そのためにも全国で使えるのはありがたいと思います。
次に、チケットを使うことで何か特典を付けるのも良いかなと思います。
なぜかと言うと、チケットを使うことで特典が付いてた方が利用しやすいからです。

もしくは特典目当てでチケットを利用してくれると言うのもあるからです。そしたら社会貢献にもなって大変なメリットが生まれると感じます。
タクシーに乗ってくれるお客様が増えればそれだけ忙しくはなりますが、暇潰しにもなって良いのではと思います。

僕も特典がチケットを使うことであるのならば、タクシーをタクシーをたくさん使ってみたいと思います。理由は特典を付けるタクシーのサービスさが嬉しいからです。

タクシー運転手の年収

朝早くから夜遅くまでお客さんを届けているタクシーの運転手ですが、転職を考えている方はその年収がいくらか気になったも多いと思います。実際、夜中まで街中でお客さんを待っている人や走っているタクシーを見ると結構稼いでいるイメージがあると思います。ただ本当のところはスポーツ選手のように人によって稼いでいる額の差が激しい業界でもあります。

では何故、人によって年収に差があるかと言うと、サラリーマンのように給料が固定性ではなく、歩合制を採用している会社がほとんどです。会社の中には歩合制と固定給を同時に設けている所もありますが、固定分には余り機体で気なのが現状なので結局のところ歩合制で稼がなくてはならないです。ちなみ、自分で売り上げた5割ほどが給料となるのが全国的な平均です。

なのでお客さんを送り届けるほど給料は上がっていきます。なのでタクシー運転手によって稼ぐ額に差が出るわけです。一応全国平均の年収のデータもあり、そこでは平均が298万円となっています。ただし人口が多いほど、需要も多くなる傾向があるので、東京都では全国平均よりも大幅に多い、400万円となっています。これだけ見てみると東京都でもサラリーマンより稼げない感じがします。

ただ稼ぐ人は年800万円を稼ぐ人もあり、稼ぐ人の中でもトップは年1000万円という普通のサラリーマンが定年まで働いても稼げない額を稼ぎ出します。
では何故ここまで稼ぎ出すことができるかというと、稼げる場所を知っている為です。

一見、駅付近は深夜まで人がいるため、そこでお客さんを待っていれば稼げるイメージがあります。ただ近距離利用のお客さんが多いためか、利用料金が思った以上に伸びず、給料もそれほど上がりません。では高収入の人はどうしているかというと、適当に待たず、考えて利用距離が多そうな人がいる場所で人を待ちます。具体的な待ち場所としては劇場や歌舞伎座などです。

理由としては都心部から少し離れたところから来る人がいるからです。そういった人はタクシーをよく利用します。もちろん芝居などの終了時間を調べて待ちます。そうすることで高確率で長距離利用のお客さんを捕まえることが出来ます。またホテルでお客さんを待つ人もいます。また利用者はいるが同業者にあまり知られていない付け待ちポイントを見つけそこで稼ぐ人もいます。

タクシー運転手は平均年収から見れば低い額ですが都心部で効率よく働ければ稼げる職業でもあります。

楽天カードにタクシーチケットはありますか?

接待や自社の社員がタクシーを利用するという場合、それを経費として精算することもあるでしょう。その際に便利なのが、タクシーチケットと呼ばれるものです。タクシーを利用した後の精算時に、必要事項を記入し、乗務員に渡すだけでその時は費用を支払う必要はありません。後日、一括で支払うことにより、経理処理や支払い管理を簡単に行うことが出来ます。

楽天カードでもタクシーチケットを扱っており、通常のチケットの発行手数料、年会費は一切かからず、利用料金のみの支払いとなります。また、長期間利用することがなかったという場合の手数料もありません。
チケットを利用する際に必要となる情報としては、使用者名・乗車区間・利用日・料金となります。いずれも簡単に記入することが出来ます。チケットを利用することが出来るのは、東京や大阪、名古屋などの主要都市にあるタクシー会社、タクシーチケットに加盟していることが必要となりますが、多くのタクシー会社が加盟しているため、安心して利用することが出来ます。

希望があれば、利用したチケットのコピーを請求書とは別に返送することが出来ます。利用時の確認をすることが出来るというメリットがあります。
タクシーチケットを利用するためには、申し込みを行う必要がありますが、所定の審査を受ける必要があります。審査を通過することが出来れば、申込後2週間から1か月程度でチケットを受け取ることが出来ます。

楽天カードタクシーチケットは、それぞれのニーズに合わせて作成することが出来ます。1冊20枚綴りとなりますので、使用の際には1枚ずつ切り離した状態で使用する必要があります。料金や利用日などの必要事項を記入した際に、間違いがあったという時には、修正をしたチケットについては無効となりますので、修整をせずに新しいチケットに書き直すようにしましょう。

このチケットは、楽天カードの発行するクレジットカードを持っていないという人でも利用することが出来ます。チケットを追加で必要となった場合には、コールセンターにて受け付けています。なお、コールセンターの対応時間は午前9時30分から午後5時30分までとなります。申し込みの際には、会員番号が必要となりますので、あらかじめ用意しておくと良いでしょう。

チケットを利用することが出来るタクシー会社に付いては、インターネットを利用してすぐに調べることが出来ますが乗車の際に確認することも出来ます。

個人タクシーと法人タクシーの違い

個人タクシーを運転し営業を行うためには、第2種運転免許証を取得しているだけは個人としての営業はできません。いずれかの法人で10年以上のタクシーなどの運転経験がなければ、個人として営業を行う事ができないのです。また、年齢が35歳未満の人が営業を行うために申請を行う場合は、10年以上同一の法人での経験が必要となっています。

また、年齢が65歳以上の人は申請する事ができません。さらに、好きな場所に申請できるのではなく、申請を行う地域での営業の経験が5年以上必要になったり、無事故歴が5年以上、無違反歴が3年以上と言う多くの条件をクリアする必要があります。また、事業で使う営業所と自宅が同一であり、営業用の車両を止めておく車庫などについても規定があります。これら以外にも厳しい条件などがあり、それらをクリアできなければ申請を行う事ができなかったり、営業を行う事ができなくなります。法人に入社をし営業を行う場合は、営業を行うのに必要になる車両や燃料費や整備費などのような費用は全て会社が負担をしてくれます。

しかし、個人で営業を行うためには、法人などでの経験が必要になる上、事業を行うために必要な許可を申請して厳しい審査に合格し許可を取得しなければ事業主として独立する事ができません。また、許可を取得できた場合、営業に使う車両や保険代や整備費用、燃料代など全て事業主となる自分で負担しなければなりません。また、会社に入社をしてタクシー運転手を行う場合うには、運転技術の向上に必要な研修が受けられたり、万一事故などを起こしてしまった場合でも、会社によるサポートが受けられます。

しかし、独立して自分で営業を行う場合は、運転技術などのチェックは自分でしっかり管理をしなければ安全な営業を行う事ができません。事故などを起こしてしまった時の対応も、自分で全て行う必要があります。しかし、会社から独立をして、自分が事業者になるとメリットもたくさんあります。それは、会社に勤めていた時には、売り上げから約40%位が会社の経費として納める必要がありますが、独立をしている時は車両代などがかかりますが、売り上げの全てが自分の収入となります。

また、会社に勤めている時のように時間に縛られる事がありません。営業する時間は全て自分で決める事ができるので、休日や旅行も自分で決める事ができます。しかし、会社に勤めている場合は、病気などで仕事を休んでも給料は支払われますが、独立をしている時は、収入が完全歩合制となってしまい仕事をしていない時には全く収入がなくなります。このように、個人と法人とでは同じタクシーでも様々な違いがあります。

ucのタクシーチケットはどこで購入できますか?

ucのタクシーチケットは千葉県でも数十件のタクシー会社で購入することができます。
タクシーチケットは多くの企業やucカード会員の人が購入でき、接待等のシーンで多く利用されることが多いです。
タクシー会社様におかれましては、UCタクシーチケットの加盟店になっていただく事で、UCタクシーチケットのお取扱いが可能になります。またあらかじめタクシー会社に電話をして問い合わせをしておくことで確認をする事ができるので便利です。法人の場合で大量購入の場合は連絡をしておいたほうが確実に購入できます。

ucチケットの標準は一枚あたり一万円未満で、一回の乗車で三枚まで使用できます。
VIEWというものもあり、これは一枚あたり三万円未満で、一回の乗車で一枚しようすることができます。
タクシーチケットは複写式になっており、利用した控えが残るようになっていて、カードご利用明細との照合ができて非常に便利です。
発行手数料は1回申し込みで300円です、ゴールド会員の人は手数料は無料となっています。

タクシーに乗ったものの、財布の中身を確認していなかった場合や一万円札だった場合、この先の予定でお金が必要な場合、暗い車内で小銭を探したりするのは結構大変ですが、ucチケットであれば、降りる際にチケットに名前と乗車区間や金額を記入して、運転手に渡すだけなのでとても楽でお手軽です。
タクシーに乗って日や、乗った区間、メーター料金、高速料金等が記載されるので、後々に確認する際にも一目でわかるようになっているのでとても便利です、会社で確認が必要になった場合でもさっと一枚見せたり、これをコピーするだけで証明にもなります。コピーしたものを二部作っておくと、自分専用のメモにもなり手帳に張ったりしておくと細かな情報がすぐさまわかるようになります。

会社側も出張などでも、今までは決算時に領収証を集計して確認するなどの大変な作業もなく、チケットを渡すことで、一枚で領収証になるので非常に便利です。
チケットは会社などでその便利性から購入するところも増え、今まではお客相手にタクシー代として渡していたものを、お金ではなく、チケットを渡すことでお手軽で、また多くのタクシー会社で使用することができるので相手にとっても喜ばれるので高評価です。

またカードで購入できるので、その日にお金の持ち合わせがない場合でも、カード支払いができるので、会社帰りでも
沢山購入する会社などの法人でも、高額になった際もとても便利です。

vjのタクシーチケットの使い方を教えてください。

vjタクシーチケットは、VISAカードを持っている人が申込でき、サインひとつで加盟しているタクシーが利用できる便利なチケットです。
申し込み方法は簡単で、会員本人が電話で申し込むだけです。24時間、年中無休で申し込めるスマートダイヤル24もあるので、いつでも簡単に手続き出来ます。約1週間ほどで、登録住所に届きます。1回の申し込みで、2冊まで申し込めます。

チケットの発行手数料は300円+税で、ゴールドカードなどの会員は無料となります。そのカード会社ごとに異なりますので、詳しくはカード会社ホームページ等を参照ください。

大きさは名刺大ほどで、20枚綴りとなっています。名刺入れや財布などにもコンパクトに収納出来ます。財布の中にお金が入っていなくても、タクシーに乗れるのでとても便利です。また小銭なども用意しておく必要もありません。

「vjタクシーチケット使えます」のステッカー表示があるタクシーで利用でき、その加盟タクシー会社もwebから簡単に見られます。
使い方も簡単、タクシー降車時チケットにサインと必要事項を記入して、タクシー乗務員に渡すだけです。チケットご利用の支払いは、後日通常のカードご利用代金と同様にご利用分だけ自動引き落としされます。また、記入事項の控えは手元に残るで、利用明細との照合にも便利です。

チケット1枚の利用限度額は1万円で、1回の乗車で3枚まで使用することが出来ます。なので、1万円を超えた利用の場合は、必要枚数(3枚まで)使用することが出来ます。利用上限金額を超える場合には、不足分を現金またはカードで支払います。

タクシーチケットのメリットとしては、やはりお財布の中身を気にせずにタクシーを利用出来るところ。メーターが上がるたびに「いくらかかるんだろう?足りるだろうか。」などハラハラ心配する必要はないのです。また暗い中、小銭を探したりすることもなく、気軽にタクシーに乗ることが出来ます。接待時などにも重宝され、多く利用されています。複写式で控えが残るので、いつどれだけ利用したこともすぐにわかり、引落し時の照合も簡単。

デメリットとしては、加盟タクシー会社でしか利用できないことです。また上限金額や、紛失・盗難時には不正使用される可能性もあるので、気をつける必要があります。紛失・盗難時には速やかにカード会社に連絡した方が良いでしょう。

使い方を間違えなければ、とても便利なタクシーチケット。タクシーを利用される方は、持っておくと便利ですね。

visaのタクシーチケットのりよう方法は?

visaタクシーチケットとは、あらかじめチケットを取り寄せることによって、サインひとつでサービス加盟タクシーを利用できるチケットです。取扱タクシー会社も全国に渡っており、三井住友カード株式会社のホームページから取扱タクシー会社一覧をPDFファイルでダウンロードすることができます。

取扱タクシー会社一覧には★と●マークがついており、★はカードとチケットが使える会社を意味し、●はチケットのみ使えるタクシー会社を意味しており、チケットだけではなくカードを利用したい方にも見やすい一覧表となっています。又、一覧表で確認しなくてもチケット利用可能タクシーにはタクシーチケットが使える目印のステッカーが表示されていますので、現地でチケット利用可能なタクシーを見つけることもできます。

実際の利用方法も、タクシー降車時にチケットにサインと必要事項を記入して、タクシー運転手さんに渡すだけなので簡単です。お支払いは、後日通常のカード料金と同じくご利用分だけ口座から自動で引き落としされます。チケットの申し込み方法もカード会員本人から電話して頂くことによって申し込み可能です。カード会員本人からスマートダイヤル24もしくはセールスデスクに電話して頂いてから約1週間でカード登録住所に簡易書留で送付されます。

チケットの発行手数料は300円(税抜)ですが、三井住友プラチナカード•ゴールドカード•プライムゴールドカード•ヤングゴールドカード•エグゼクティブカード•法人ゴールド会員の方は発行手数料が無料になります。チケットの仕様も、サイズは名刺大と持ち歩きやすく、便利な20枚綴りとなります。注意事項としては、チケットのご利用は1枚につき、10000円未満なので、10000円以上利用する時は2枚以上チケット枚数が必要になるのと、1回の乗車につき利用枚数の上限は3枚までなので、30000円以上の代金をチケットで支払うことはできません。

チケット申し込みも2冊までなので、1回の申し込みにつき40枚までしか申し込みできません。チケットの発行も発行の際、簡単な審査があることも覚えておいた方がいいでしょう。後、もちろんバーチャル会員の方は申し込みできません。東京と大阪にセールスデスクがありますので、東京は03-6627-4116に大阪は06-6445-3720に電話すれば問い合わせ可能です。

※受付時間は平日9:00〜17:00(土•日•祝日•12/30〜1/3休)

DCタクシーチケットの支払の仕組みはどうなっているのですか?

DCタクシーチケットとはDCカードのサービスのひとつとして利用する事ができるもののひとつで、2010年12月29日に個人カード会員への販売が終了しています。そのため個人会員であれば手元にあるもの以外は発行してもらうことは出来ないようになっており、法人カード会員であれば引き続き発行してもらう事が可能となっています。

そんなDCタクシーチケットは名前の通りタクシーで利用する事ができるチケットであり、1冊で20枚つづりのものとされています。そのため1回発行してもらえば20回利用する事ができるようになっており、1回で支払える上限の金額は29997円までとされています。そのためタクシー料金が1万円を超えるという場合は、複数枚使って支払をする事もできます。

なおタクシーチケットには有効期限が設けられており、有効期限を過ぎている場合は支払に利用する事ができません。また盗難や紛失した時の保健が付帯されていないので、不正利用されてしまった場合にも支払義務が発生するので取り扱いには気をつける必要があります。

支払の仕組みとしてはタクシーを降車する際にチケットを提示することによってタクシーの利用料金をチケットで支払う事ができるというものになっています。支払う際にはチケットに利用日・使用者本人の署名・利用区間・利用金額を正確に記入しておく必要があり、間違えてしまうと支払が出来ないようになっています。ただし間違えて記入してしまったチケットに対して訂正をすることは出来ないようになっているので、間違えて記入してしまったという場合には新しいチケットを使用します。

そうしてチケットで支払をしたタクシー代金に関しては後日DCカードの請求時に一緒に請求されるようになっており、カードの請求と一緒に支払う事ができます。要するにチケットを利用することによって後払いにする事が出来るようになっているという事なので、タクシー料金を支払わなくて良いというわけではないため注意が必要です。

またタクシーチケットは全てのタクシーで利用する事ができるというわけではなく、DCカードのステッカーが貼ってあるタクシーの中でもチケットの取り扱いがある事を明記しているものでのみ利用する事が可能です。そのためステッカーが張っていないタクシーではタクシーチケットを利用することは出来ませんし、ステッカーのみでチケットの取り扱いが明記されていないという場合は事前にタクシーに確認しておくことがおすすめされています。

運転代行サービスでタクシーチケットは使用できますか?

タクシーチケットは、さまざまな種類があります。タクシー共通チケットやタクシー及び運転代行の利用専門のチケット、クレジットカード会社のタクシーチケット、各タクシー会社のタクシーチケットなどが一般的です。

タクシーチケットは、仕事関係での車代、社員の移動代、結婚式などのタクシー代などの際に多く使用されています。代行サービスでも使用できることが多くありますが、専門業者の場合には、チケットが使えない場合があります。料金は一括して後で請求をされ、指定の口座から引き落とされるシステムが多くあります。また、プリペイド式のものもあります。運転代行サービスでタクシーチケット自体が使える場合でも、使える範囲が一定の地域限定の場合もあるため、使用する際には確認をすることをおすすめします。

タクシー会社が発行するチケットは、全域の地域で使用することができるのもが多くありますが、利用することができるタクシーが限られている場合もあるため、あらかじめ確認しておくことをおすすめします。また、個人で使用をする場合には、口座情報などを登録する必要があります。

チケットは、1ヶ月に購入することができる枚数が決まっている場合や、チケット発行手数料がかかる場合もありますので、条件や利用規約をその都度確認すると良いでしょう。運転代行の利用方法は、一般的には会社に電話をし、車の場所と名前、送り先、車種、連絡先などを伝え、指定場所に担当の運転手が来る仕組みです。担当の運転手が到着した後は車の鍵をあずけ、目的地まで車を運転してもらいます。

チケットを使用するのは、基本的に到着後となります。現金で支払いをする場合も目的地に到着後となります。依頼をする場合には、営業時間を確認しておくこともポイントです。年末年始などは営業時間帯が変更となる場合もあるので注意しましょう。飲酒をした場合などに利用する場合が多いのが一般的ですが、昼間にも依頼をすることができる場合があります。前日までに連絡が必要となる場合があるため、あらかじめ確認しておきましょう。専門業者の場合は、企業向けチケットを発行しているところもあります。

また、介護を専門としている代行サービスもあります。介護技術をもったケアドライバーによるタクシーで、予約をして必要時に使用することができます。ケアが必要な高齢者などが病院に通院時に利用するなどの用途で、チケットが使えるところもあります。